七夕

0
    今日は七夕ですね

    ブログにも毎年カキコしていますが、私は1年の行事の中でクリスマスが1番大好きですが、七夕さまも何をするでもないけど、気になって仕方のない夜ではあります
    今日は昨日と違って晴れているので、織姫様と彦星様は1年に1回のデートが出来ますね

    私ごとですが、今日の七夕に、息子が彼女と入籍しました。
    彼女が七夕の今日が希望だったので、私が調べた入籍に良い日は横に置かれてはしまいましたがでもでも、イベント好きな私としてもその気持ちわかる気がしました

    そんな気になる七夕日ををいじって何が書かれているのか調べてみました!←どんだけ暇やねんって

    そこには、7月7日の夜 天の川を隔て輝くわし座の1番星アルタイル(牽牛星)彦星とこと座の1等星ベガ(織女星)織姫が1年に1度だけ逢うことを許された夜で、中国で生まれて日本に伝えられた伝説だと。
    北東から南西の宵の夜空に天の川が流れ、その両側の岸部にはベガ(織姫)とアルタイル(彦星)。
    天の川の川下にはなかなか逢えない二人の間を無情に通り過ぎる連れない舟人にたとえられる上弦の月がかかり七夕伝説の夜を見ることが出来る・・とありました。

    彦星様と織姫様は、月に邪魔されていたのかぁ(笑)

    そこの最後に載っていた言葉の引用ですが、ちょっと素敵だったので、七夕の夜に向けて皆様にお送りします

    “深黒の天蓋 きらきら輝く天の川の岸辺 
    野原落ちる天の川の雫
    織女の織る美しい布にも似た短冊に願いを込めて
    7月7日の夜 天に流れる天の川の岸辺を見つめて 織姫と彦星に何を願いますか?”

    皆様が心の短冊に書いた願いは何でしょうか?
    私は・・話してしまったら叶いそうにないので(笑)、叶ったらご報告しますね

    織姫と彦星の様に逢えないお二人でも、空も星も月も同じものが観えます。

    そんな気持ちで今夜の七夕の夜空を、いつもとは違う特別な気持ちで眺めて観ませんか?

    この記事のコメント一覧
    この記事にコメントする








       

    カレンダー

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    メインメニュー







    プロフィール

    ひとこと占い

            

    新着記事

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    コメント一覧

    リンク

    このブログ内を検索

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM